無理 な ダイエット 方法

無理なダイエットにならない方法はこれ!!

無理なダイエットや、過度なダイエットは体調不良の原因となります。
特に、慢性的になってしまうと将来的に体がボロボロになってしまうことも。。。

 

そうならないように、まずは、1日3食はきちんと摂ることを実践していきましょう。

 

これは、しっかりガッツリ3食を摂るということではなく、自分のダイエットにあう食事量と食事内容でバランスよく3食に分けて、定期的に栄養補給をしていきましょう。ということです。

 

無理なダイエットを行ってしまっている場合、1食の内容があまりにも少なかったり、あるいは、食事を抜いてしまっている場合などがあります。

 

最近、テレビや雑誌などで、「〜ダイエット」といったような食事方法によるダイエットが紹介されることが多いですが、私たちの体をつくる栄養素は何が必要か決められているため、偏った食事方法などを続けると、栄養不足になってしまいます。

 

そのため、食事方法も自分に合っていれば良いのですが、人によっては体調不良を招いてしまう場合があります。

 

そうしたことから、そもそも定期的に栄養が途切れない様に補給してあげることがベストなのです。

 

体にはいろいろな機能がありますが、基本として1日3食を摂るようにして、定期的な栄養補給をして体調管理をすることが、簡単でやりやすい方法なのです。

太ってしまうことを恐れて、食事を抜きすぎる

無理なダイエットにおける食事方法の問題点は、太ってしまう、または、痩せられない事を恐れて食事を抜きすぎることにあります。

 

人間の体はすぐに反応して、食事を抜いた分だけ体重が減るということでもないので、難しいのですが、ダイエットに対しての恐れによって、食事を抜きすぎると体調不良を招いてしまいます。

 

食事回数が1日3食以下になったり、1食ずつの量を極端に減らしてしまうなどは、体のエネルギーや活力を奪うだけです。

 

例えば、ダイエットはトレーニングも必要です。
トレーニングをするためには、体を動かすエネルギーが必要です。
そのエネルギーは食事から補給されています。

 

もちろん、お腹についた脂肪をエネルギーに変える機能を人の体はもっていますが、脂肪はほかの栄養に変わっていくことができません。

 

そのため、トレーニングができる程度のエネルギー補給は必要で、トレーニングによる疲労回復のための栄養も必要なのです。

 

食事を抜くとそうした代謝が上手く行われずに、体調不良やダイエットの失敗へと繋がってしまうのです。

最低限の栄養は補給していきましょう

ダイエット中に、食事を制限する場合、最低限、五大栄養素である、糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルはバランスよく摂るようにしておきましょう。

 

1食ずつの量を減らしていても、栄養さえバランスを保てれば、健康的なダイエットは充分に可能です。

 

例えば、脂肪を増やしたくないからと、糖質を制限するのであれば、朝食におにぎり1個の炭水化物と味噌汁だけにして、昼食と夕食は炭水化物は一切摂らないとします。

 

こうすることで、朝摂った糖質を一日かけて消費していくことで脂肪に変えない様にしておくのです。
糖質を夜摂ると、エネルギーを消費する機会がないため、ダイエットに適さないので、朝に糖質を摂るのです。

 

また、昼食はタンパク質や野菜によるビタミン・ミネラルをたくさん摂ることで、ダイエット中に必要な栄養を充分に摂って、夕食は少し抑えて野菜中心とタンパク質を摂ることで、一日の栄養バランスを保っていきます。

 

さらに、睡眠時間も充分に摂れれば、体の疲労回復もでき、健康的なダイエットを実践することができるようになります。

 

こうした、栄養バランスと疲労回復を意識したダイエットを行うことで、健康的なダイエットを成功させていきましょう。