無理 な ダイエット 影響

無理なダイエットによる影響は?

無理なダイエットによる影響は多くのことが考えられます。
なかでも、体による影響と言うのは多大なものがあります。

 

例えば将来的に骨粗相症になってしまって、骨が折れやすくなったり、筋肉がつかず腰が曲がってしまうということにつながってしまいます。

 

これは、無理なダイエットによって補給すべき栄養が行き届かず、体を構成する組織が作られないため、もろい体となってしまっているのです。

 

骨粗鬆症は、カルシウムが足りず、骨がスカスカになって折れやすくなり、腰が曲がるのは、必要な部分に筋肉が無いため、骨が変形してしまっている状態です。

 

いずれも、すぐに起こる症状ではなく、栄養不足や運動不足が続く事で将来的におこってしまう症状です。

 

特に活発で、栄養の吸収力がある若い時代に、充分な栄養補給をしていないことが原因となる場合があります。

 

そのため、10〜20代のうちから過度な食事制限をしたり、30代以降も栄養を充分に摂っておかないと、栄養の吸収力が衰える年代に入ると、一気に体の組織が崩壊してしまうのです。
これが、無理なダイエットを続けた結果です。

 

その他にも、体を作る栄養が不足し続けると、生活がままならないくなってしまい働くことができなくなってしまいます。

 

誰か他に働き手がいれば良いのですが、もしいなければ国から補助をもらって生活をしていくようなことになってしまいます。

 

そうならないように、栄養面だけはしっかりと考えて健康的にしていくことが、ダイエットでの第一の目的となります。

 

また、運動機能が衰えなかったとしても、髪の毛が薄くなってしまったり、痩せるどころかお腹が出てしまって、病気がちな体となってしまう可能性もあります。

 

さらに無理なダイエットによって、運動障害なども起こってしまう可能性があります。

 

これは、体の組織が弱まってしまって、関節が動きづらい、筋肉が衰えすぎてモノが持てないなど、ひどい場合は、生活に支障をきたし、リハビリをしなければいけなくなってしまいます。

 

こうした無理なダイエットの影響は未来に起こる可能性をはらんでいます。
将来的にも、健康的に過ごせるように、今から栄養バランスに注意して、健康的な老後を過ごせるようにしておきましょう。