無理 な ダイエット と は

無理なダイエットとはどういう事か?

無理なダイエットとは、体に必要以上の負担がかかっているということが言えます。

 

体に負担がかかるというのは、「疲労が溜まりやすくなった」「足がつりやすくなった」「眠りが浅くなった」「汗をかきづらくなった」などがあります。

 

これらは自然と少しずつ進捗して聞くので気づかないことが多いです。
しかし第三者から見ると明らかな体調不良になっております。

 

特に本人は気づかないことが多く、突然倒れたり、ひどい時はうつ病等になってしまう可能性もあります。

 

それだけではなく、「風邪をひきやすくなった」などのように、病気がちになってしまったなどと言うのは、栄養失調になっている可能性もありますので、すぐにお医者さんに診てもらう必要があります。

 

ダイエット中も栄養バランスを考えて食事をしていても、連日連夜トレーニングをやりすぎて、疲れがとれず、肉体の回復もできない状態が続き、倒れてしまうこともあれば、単純に栄養バランスが悪く、摂れてしまうこともあります。

 

さらに悪化すると、過食症や拒食症を引き起こして、一生かけて体調を回復させなければいけない場合もあります。

 

そうなると、体内の性質自体が変わってしまって元気であった自分を取り戻すことが目標になってしまい、ダイエットどころではなくなってしまうのです。

こまめなメンテナンスが必要

無理なダイエットを行っていないか、こまめに自分の体をメンテナンスしておきましょう。

 

メンテナンスといっても、自分の体や体調に異常がないか注意をしておくということです。

 

例えば、筋肉痛が数日とれないので、今日は体を動かさずに休んでおこうとしたり、糖質制限の関係から、頭がぼ〜っとしている時間が長いのであれば、少しだけ炭水化物を摂ってしまったり。

 

毎日、自分の体の状態を気にかけておくことで、少し違和感を覚えたら、休息をとったりして体をいたわることが大切です。

 

これを気づかずに、進めてしまったり、気づいていても、気のせいだろうと思い込んでしまうと、結果的に無理なダイエットを継続して体調不良を招いてしまうのです。